前へ
次へ

弁護士会について知っておくこと

弁護士会とは、弁護士から形成される団体のことで、弁護士事務の改善と進歩をはかることを目的とし設立され

more

知っておきたい弁護士費用の基礎知識

離婚問題や金銭問題などのトラブルに見舞われたら、速やかに弁護士に相談することが大切です。弁護士といえ

more

弁護士が教える豊かな人生を切り開く勉強法

やるべきことを全力でやり続けていれば、行き詰った時に必ず解消します。弁護士も同じこと。むしろ顕著に表

more

ギャンブルで作った借金を自己破産できるか

一攫千金が実現できるかもしれないのがギャンブルです。日本においては公営ギャンブルがいくつか用意されていて、競馬や競輪を楽しむ人もいるようです。これらはスポーツ観戦としても楽しめるので、それほどお金を駆けずに馬や選手を応援するだけの人もいるでしょう。一方でせっかくギャンブルをするならとどんどんお金をつぎ込んで増やそうと考えている人もいます。過去に大当たりをした経験がある人は又大当たりが来るとかけ続ける人もいます。ギャンブルは趣味の範囲で行うのには全く問題なく、生活費の一部やお小遣いの一部を使ってであれば誰からも文句は言われないでしょう。しかしギャンブルにのめり込むギャンブル依存症になるとまず生活費や将来の生活に必要な資産に手を出してギャンブルをするようになります。そしてそれらのお金が尽きたらその次に利用するのが借金でしょう。フリーローンなどは目的を決めずに借りることができるので、それでお金を用意してつぎ込んでしまう人もいます。もしギャンブルで多額の借金ができてしまい、返済が難しくなったときに自己破産をすることができるかです。まず過去に同じ理由で行った経験がある人に対しては免責される可能性は低いでしょう。つまりは借金を消すことができません。一方今回初めて自己破産の手続きをするのであれば免責される可能性は残されます。ただし初めてだから、過去に経験があるからなどで自動的に決まるわけではなく、それぞれの事情に応じて免責されるかが決められます。

補助金申請 札幌
事業経営のための補助金に関する様々な手続きをお客様に代わって行います。

税理士 札幌

東京 Pマーク コンサル

弁護士 堺
借金や離婚といったトラブルを解決できるよう法的にサポートしています。

川越 弁護士

免責されるかどうかに関しては、今回作った借金に対する問題に向き合って将来同じことを繰り返さないかどうかが問われます。そのため過去に経験がある人は同じことを繰り返した実績があるので免責が難しくなります。初めての人は裁判所における答弁が影響する可能性があります。初めてなら誰でも免責されると良くない態度で答弁していると免責されないかもしれません。同じことを繰り返さない意思をしっかり示せば免責してもらえるでしょう。

Page Top